多頭飼育の強い味方

我が家では、3匹の犬と2匹の猫を飼っています。
そのうちの一匹はまだ若く、大型犬のため食欲も旺盛で費用もかかります。
また、残る2匹は小型の老犬でこちらはサプリや医薬品が手放せません。
そして、猫はそろって肌が弱く軟膏と目薬が欠かせない状態と5匹にかかる動物病院に通う手間と労力は相当なものでした。
また、庭からは、予防措置をいくらしても蚊が入ってきますし、フィラリア予防やダニ対策などペットにやってあげることは他にもたくさんあります。
うちのような多頭飼育では、その費用も多額になり、医薬品の負担は家計を圧迫していました。
そんなとき、同じく数匹の犬を飼っている知人に、ペットの医薬品を個人輸入で購入する方法を聞きました。
個人輸入なんて、したこともないし海外の薬は心配ではないかと思いましたが、ペットくすりのサイトを見てみると、まるでネットの通信販売のような見やすいサイトで簡単に薬を選ぶ事が出来ました。
取り扱っている薬も、普段、獣医に処方されているものと同一で、価格は半分以下です。
ちょっと心配になって、電話で問い合わせをしてみましたが、海外で認可され日本で販売されているものと同じ品物とのことで、安心して購入を決めました。
個人輸入の難しい手続きも全く必要なく、いつも定期的に購入している薬を安く買えるので、それからは、このペットくすりサイトを使うようになりました。
慢性的な症状の常備薬なので、具合が悪くなったら病院に連れて行きますが、最近は健康診断のとき意外には動物病院のお世話になることもなくなりました。
フィラリア予防や、皮膚のケア用シャンプーなど、我が家の飼育で必需品となっているものは大抵揃える事が出来て助かっています。
日本では、ペットの薬を手に入れるには処方箋をいただいて購入する事になりますが、海外では人間の薬と同じように市販薬として流通しているものがたくさんあります。
また、特許切れの医薬品を同じ成分で他社が後発薬として発売するジェネリック薬も広く販売されています。
こういったものは、アメリカ合衆国の食品医薬品局や、WHOの厳しい基準を満たした安全性の高い医薬品なので、安心して使う事が出来ます。
大切な家族であるペットにも、それぞれに十分なケアをしてあげるために、我が家ではジェネリック薬なども使っています。
ずっと続けようと考えているサプリなども、高いものだと躊躇してしまいますが、ペットくすりの価格であれば与えることも出来ます。
このサイトには、ペットを病気から守るコラムもたくさん紹介されていて、ずっと飼っているのに意外と気付かずに間違った飼育をしていたことを気付かされました。
ペットの健康を大切に思う人ならば、参考になることがたくさんあるので目を通してみるといいと思います。
普段使っている製品があったら、値段を比べてみると個人輸入の良さが実感出来ると思います。
医療費が負担だなあと考えている方には是非オススメしたいサイトです。

Comments are closed.